豚肉と万願寺とうがらしの塩レモン炒めは夏に打ってつけなのである。

2014/08/23

豚肉と万願寺とうがらしの塩レモン炒め。

豚肉と万願寺の塩レモン炒め

さわやかで、夏には打ってつけなのである。

 

豚肉は元々好きで、「地球最後の日には豚肉を塩味でサッと炒めたのが食べたい」とすら思うのだが、年を取るとともに、肉より魚がいいと思うことが増えている。肉の、あのエネルギーに満ち溢れたところが、まぶしすぎると感じるのだ。

ところが夏になってみると、ちょくちょく豚肉が食べたくなる。

やはり夏は、体力が消耗するから、エネルギーを必要とするのだろう。

 

それできのうは、豚肉を万願寺とうがらしと、ショウガ焼きにするつもりだった。ありきたりと言えばありきたりだが、豚肉をおいしく食べるやり方として、間違いはないだろう。

 

そう思っていたところに、先日見た料理ブログ

31CAFE~奇跡のキッチン「続・超絶危険なやみつきチキン塩ver.」

に送った感想の、お返事が来ているのを見た。

鶏肉に塩ベースの味を付け、レモンを絞って食べる料理で、

「鶏肉に塩とレモンって、ほんとに合いますもんね」

と書いたら、

「鶏にも豚にも塩×レモンは間違いないですよね」

とのことである。

 

鶏肉に、塩とレモンが黄金であることは、ぼくも重々承知していたのだが、豚肉に塩とレモンは、言われるまで、あまり考えたことがなかった。

しかしたしかに、焼き鳥メニューで、厚切りの豚バラ肉を塩コショウにレモンで食べたりするだろう。

 

しかもきのうはたまたま、いつもは買わないレモンが冷蔵庫に入っていた。八百屋へ行ったら、女将さんがたまたま忙しかったから、ほんの少しお手伝いをしたら、そのお駄賃としてもらったのだ。

これは、間違いないだろう。

神様は、ぼくに「豚肉の塩レモン炒めを作れ」と言っているのである。

 

味付は、レモンの他には、塩コショウだけでもいいかと思ったが、やはりそれでは、ちょっと味が足りないだろう。

豚肉と万願寺の塩レモン炒め

酒やオイスターソースなどで、コクを付けることにした。

 

万願寺とうがらしはヘタを落としてタテ半分に割り、種を取って、大きければ食べやすい大きさに切るり、シメジは石づきを落としてバラす。

豚肉と万願寺の塩レモン炒め 作り方

フライパンにサラダ油少々を引いて強火にかけ、20~30秒、サッと炒める。

 

万願寺は取り出しておき、改めてサラダ油少々を引いたフライパンを中火にかけ、豚コマ肉200グラムを炒める。

豚肉と万願寺の塩レモン炒め 作り方

豚肉に火が通ったら、火を止めて、酒大さじ1、オイスターソース小さじ1、砂糖とおろしショウガ小さじ2分の1ずつを入れ、今度は強火にかけて、サッと混ぜる。

炒めた万願寺とうがらしとシメジを戻し、塩1つまみ(小さじ2分の1)くらいとコショウ少々を振る。

全体を混ぜ、味をからめて火を止める。

 

レモンをたっぷり絞って食べる。

豚肉と万願寺の塩レモン炒め

さわやかで、これは夏には打ってつけだ。

 

あと作ったのは、ナスのじゃこポン。

ナスのじゃこポン

ナスは、今が最盛期。たっぷりと水分を含んで瑞々しく、しかもアクが、全くない。

3ミリ幅くらいに切ったナスを一つまみの塩で揉み、5分ほど置いて水洗いして、よく絞る。

ちりめんじゃことおろしたショウガ、それに少しの味ポン酢で和える。

 

しじみの赤出し。

しじみの赤出し

しじみは海水くらいの塩水に1時間くらい浸けて砂出しし、両手でガシガシとこすって洗う。

鍋にしじみとだし昆布、しじみが100グラムなら1カップ強の水、それに酒大さじ1を入れて中火にかけ、アクを取りながら殻が開くまで煮る。

殻が開いたら火を止めて、赤出しみそ(八丁味噌)大さじ1くらいを溶き入れる。

 

それにわさび醤油の冷奴。

わさび醤油の冷奴

 
 

酒は、焼酎水割り。

酒は、焼酎水割り

塩レモン炒めがまた焼酎によく合い、きのうもいつも通り飲み過ぎた。

 

「ダラダラ飲んでばかりじゃダメだからね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

昼めしには、豚肉の焼きソバが最強である。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮は、夏には打ってつけのコッテリさわやかな味である。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮は、夏には打ってつけのコッテリさわやかな味である。

豚肉とキュウリはわかめを加え、ピリ辛酸っぱい味で炒めるのである。

豚肉とレタスのトマト炒め丼は、ガッツリいけながらさわやかなのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉