チェブ夫の黒目を塗ったのである。

2014/08/23

チェブ夫の黒目を塗ったのである。

チェブ夫

 

チェブ夫の黒目が剥げてきていることについては、前々から何度も指摘を受けてきて、「塗ろうか」と思ったことも、もちろんある。別に塗るのは簡単な話で、サインペンでチョチョッとやればいいだけのことだから、5分もかかるわけではない。

しかしぼくには持論があったのだ。

「チェブ夫は、目が剥げている方がかわいい・・・」

剥げている部分がちょうど「星」のような役目を果たし、目がキラキラとして見える。

 

それでこの1年ほど、何度指摘を受けても、頑として塗らなかったのだが、きのうはとうとう、読者の人が、

「チェブ夫の黒目が剥げているのが、かわいそうに思えてきた」

と、ツイッターに投稿しているのを見かけた。

同じことを、前に知り合いに言われたこともあったのだが、見ず知らずの読者の人が、ツイッターに投稿するくらいなのだから、チェブ夫はよっぽどかわいそうだったのだろう。

 

ぼくとしても、「かわいそう」と見られてまで、持論を押し通すつもりはない。

チェブ夫

そこでとうとう、きのう、チェブ夫の黒目を塗ったのである。

 

塗ってみると、思ったほど、かわいくないわけではない。

こないだは風呂にも入れたし、

チェブ夫

きれいになってよかったのである。

 

「ぼくのこと大事にしてよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

とうとうチェブ夫がデビューしたのである。(Men’s Leaf 創刊号)
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-08 もろもろ