万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮は、夏には打ってつけのコッテリさわやかな味である。

2014/08/23

万願寺とうがらしと豚肉、それに厚揚げとトマトのさっぱり煮。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮

夏には打ってつけの、コッテリさわやかな味である。

 

万願寺とうがらしはピーマンより肉厚で、ちょっとパプリカみたいな食べ応えがし、焼いたり煮たりして柔らかくすると、もっちりとしてうまい。焼くにせよ煮るにせよ、ワタは取らないのが普通で、これがちょっと、酸味があるのがまたいいところだ。

煮るにはちりめんじゃこや削りぶし、油あげなどと合わせるのが定番だが、それだとメインにはなりにくい。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮

それできのうは、豚肉、厚揚げと煮て、最後にトマトを加えたが、これがまたうまかった。

 

豚肉は、煮過ぎると硬くなる。

だからまず万願寺と厚揚げを十分煮て、そのあと豚肉を入れるようにするのがポイントだ。

 

鍋にだし昆布を敷き、万願寺とうがらし、それに2センチ厚さくらいに切った厚揚げを入れる。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮 作り方

水をヒタヒタになるまで入れ、それが3カップなら、酒とみりん、淡口しょうゆそれぞれ大さじ3ずつを入れて、火にかける。

 

煮立ったら弱火にし、落としブタをして15分くらい煮る。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮 作り方

 

そうしたら火を少し強めて豚コマ肉を入れ、アクを取りながら煮る。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮 作り方

豚肉の色が変わったら、くし切りにして種を除いたトマトを入れ、30秒ほど煮てトマトがしんなりしたら火を止める。

 

皿に盛り、削りぶしと一味をかける。

万願寺とうがらしと豚肉のサッパリ煮

夏にふさわしい、コッテリさわやかな味で、酒の肴に申し分ない。

 

あと昨日作ったのは、とろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

お椀にとろろ昆布と削りぶし、青ねぎ、淡口しょうゆ、水に浸してしぼった焼き麩を入れ、お湯をそそぐ。

 

金目鯛の煮汁で煮た高野豆腐。

金目鯛の煮汁で煮た高野豆腐

煮汁は3~4倍に薄め、しょうゆを少し足して、15分くらい、煮汁がすべて、高野豆腐に吸われるまで煮る。

一味や粉山椒をかける。

 

キュウリとナスのからし酢醤油。

キュウリとナスのからし酢醤油

3ミリ幅くらいに切ったキュリとナスを塩もみし、10分ほどおいてよく絞り、ちりめんじゃことからし酢醤油で和える。

 

酒は、焼酎水割り。

酒は、焼酎水割り

きのうはネットを見ながら飲み始めたら、ダラダラと12時頃になってしまい、それから肴を作って、またダラダラと3時過ぎまで飲んでしまった。

 

「もう少しテキパキすればいいのに。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

イカときゅうり、万願寺のオイスターソース炒めは、意外な取り合わせだが「王道」ともいえる味である。

豚と万願寺のトマ玉炒め、トマトは炒め物に使うのもまたうまいのである。

マーボー万願寺を作ってみて、食べてビックリ、黄金の味だったのである。

豚肉とナスの炒めものは、ショウガ焼きもまたいいのである。

豚肉とキュウリはわかめを加え、ピリ辛酸っぱい味で炒めるのである。

 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉