ツナチャーハンは、簡単にできるのに文句のつけようがなくうまいのである。

2014/08/23

昼めしに、ツナのチャーハンを食べた。

ツナのチャーハン

卵にツナ、青ねぎだけの具なのだが、これが味のバランスが完璧で、文句のつけようがなくうまい。

 

チャーハンを作るには、ご飯は冷たい方がよく、冷ご飯や自然解凍した冷凍ご飯があるのなら、それを使えばいいのだが、もしないようなら、「サトウのごはん」を使うのがいい。

サトウのごはんはそのまま炒めて、問題なくおいしいチャーハンになる。

 

フライパンに少しのサラダ油と、油ごとのツナ1缶を入れて強火にかける。フライパンが熱くなったら、生卵を割り落とし、黄身をくずしたら、一呼吸おいてサトウのごはんを入れ、卵をよくまぶしつける。

ツナのチャーハン 作り方

フライ返しかヘラで押し潰しながら焼き、返してハラリとさせ、を2~3度繰り返したら、たっぷりの青ねぎと塩一つまみを入れ、さらに炒める。

最後にコショウを少し振って、炒め上げる。

 

しょうゆも味の素も入れないのにこんなにおいしくて、ツナはほんとにエライ。

ツナのチャーハン

酒はやはり、ビールが合う。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

ソーミンチャンプルーはごくごく簡単にできるのに大変うまいのである。

トマトとツナの焼きソバは、さわやかな夏の味である。

炒め物をチャーハンに入れるととてもうまいのである。

ツナ玉うどんは涙が出るほどうまいのである。

ツナのみそ煮込みうどんは申し分ない味になるのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-06 昼飯