キムチのゴーヤチャンプルーは、ぼくのゴーヤチャンプルーシリーズの中でも「決定版」といえる出来なのである。

2015/09/26

きのうはキムチのゴーヤチャンプルーで酒を飲んだ。

キムチのゴーヤチャンプルー

初めて作ったキムチのゴーヤチャンプルーだが、これはぼくのこのところのゴーヤチャンプルーシリーズの中でも、「決定版」とも言える出来だったのである。

 

このところ、

ストレートなしょうゆ味のゴーヤチャンプルー
トマト入りのゴーヤチャンプルー
麻婆味のゴーヤチャンプルー

と、ゴーヤチャンプルーについては、研究に研究を重ねてきたわけなのだが、昨日、「決定版」とも思えるゴーヤチャンプルーが完成した。

キムチのゴーヤチャンプルー

キムチのゴーヤチャンプルー。

 

これは凄くて、どのくらい凄いかといえば、食べると味があまりに自然にうまいので、

「え、これ、韓国の定番料理じゃないの?」

と、つい思ってしまうほどである。

 

しかしそれもそのはず、このキムチのゴーヤチャンプルー、ほとんど豚キムチであるとも言えるのだ。

材料は豚肉にキムチ、それから玉子。ここまでは完全に、豚キムチの材料だと言っていいだろう。

さらにきのうは厚揚げにしたが、豆腐。キムチと豆腐の相性のよさは、キムチチゲには豆腐が必須であるように、知れた話であるわけだし、豚キムチに普通入れないものは、ゴーヤだけだと言ってもいい。

しかしこのゴーヤにしても、多分韓国では、辛くして食べるのではないだろうか。青唐辛子を辛くして食べるのが、韓国の定番料理であるように、唐辛子の辛い味は、刺激が強い、青い野菜によく合うのだ。

 

きのうはこれを食べ、我ながら唸ってしまった。

「どうしてオレって、こんなうまいものを作ってしまうのだろう・・・」

自分で自分の才能が怖くなった。

 

というわけで作り方なのだが、まずはゴーヤ2分の1本を、タテに割り、スプーンでワタをかき出し、2~3ミリ幅の輪切りにする。

キムチのゴーヤチャンプルー 作り方

そして塩を振った水で30秒ほど、サッとゆで、湯を切って皿に取り出しておく。

 

次にサラダ油少々を引いたフライパンを中火にかけ、溶き卵2個分を炒める。

キムチのゴーヤチャンプルー 作り方

これはあまり細かくかき混ぜてしまわずに、全体を返すようにしながら大きめにまとめた方が、食べ応えがあっていい。

 

そうして材料の下処理をした上で、フライパンにゴマ油少々を引き、豚コマ肉200グラム、キムチ200グラム、1センチ幅くらいに切った厚揚げを入れ、中火にかける。

キムチのゴーヤチャンプルー 作り方

 

全体を返しながら、じっくり炒め、豚肉に火が通り、それぞれの味が馴染んだところで、火を止めて、調味料を入れる。

キムチのゴーヤチャンプルー 作り方

調味料は、酒とみりん、うすくち醤油を大さじ1ずつ、おろしショウガを小さじ1。

 

改めて強火をつけ、少し炒めて豚肉と厚揚げに味をつけたら、皿に取り出しておいたゴーヤと玉子を戻し入れ、全体を返しながら炒める。

キムチのゴーヤチャンプルー 作り方

味を見て、一つまみくらいの塩を振り、汁けがなくなったあたりで火を止める。

 

きのうは、酒は焼酎水割り

酒は焼酎水割り

 

を飲んだのだが、このキムチのゴーヤチャンプルー

キムチのゴーヤチャンプルー

がまた酒によく合い、きのうもぼくは、ヘベレケになって、天国へ召されたのであった。

 

あとはとろろ昆布の吸物。

とろろ昆布の吸物

お椀にとろろ昆布と削りぶし、青ネギ、淡口しょうゆ、水に浸して絞った焼麩を入れ、お湯をそそぐ。

 

おとといのイワシ山椒煮

イワシ山椒煮

 

新ショウガ梅酢漬け。

新ショウガ梅酢漬け

 

「ほんとに毎日よく飲むね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

麻婆味のゴーヤチャンプルーは、夏バテ解消に打ってつけのメニューである。

ゴーヤチャンプルーにトマトを入れると非常にうまいのである。

ゴーヤチャンプルーは夏の味なのである。

韓国料理は、日本人の心の故郷なのである。(豚キムチ)

キムチ鍋にはキムチをがっぽりいれるのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-011 豚肉
-