一人暮らしはシェアハウスなどでなく、京都大宮のもっと安いマンションに住み、浮いたお金を飲み屋で飲むのに使ったらいいのである。

2014/08/10

京都大宮で、「スピナーズ」「壺味」など4軒をまわった。

壺味

一人暮らしはシェアハウスなどでなく、大宮のもっと安いマンションに住み、浮いたお金を飲み屋で飲むのに使ったらいいのである。

 

きのうは大宮で飲むことにした。

スピナーズ

まずは家から一番近い、「スピナーズ」で一杯。

カウンターは、常連さんで満員だったから、カウンターの端に立つ。京都へ来て、立飲み屋の楽しさを知ったおかげで、立って飲むのは全く苦ではなくなっている。

 

スピナーズの常連さんは、もうほぼ全員が顔なじみになっている。20代から60代まで、幅広い年齢層の男女がいて、きのうもその一人一人と、近くにいる人とは言葉をかわし、遠くにいる人には会釈をして挨拶する。

最近、飲みに出る回数が減っているから、久しぶりに会う人もいて、

「どうしてるんですかー?」

などという話にもなる。近況を、軽く報告したりもする。

 

こうして、何気ない話ができる飲み仲間がいるのはいいものだ。一人暮らしの孤独は、ここでは全く無縁である。

 

待ち合わせをしていたから、スピナーズでは2杯だけ飲み、次へ向かう。途中で別の店のマスターと、開かれた窓越しに目が合うが、「行けなくてゴメンナサイ」の気持ちを込めて会釈をし、通りすぎる。

 

向かった先は、たこ焼き「壺味」。

壺味

待っているあいだも、もちろん一杯。

食事は相手が来てからとし、とりあえずは軽いツマミ。

壺味

「たこキムチ」は、壺味人気メニューの一つである。

 

壺味は、行き始めてまだそれほど間がないから、常連さんを「全員知っている」わけではない。タイミングによっては、いるお客さんのほとんどを知らないこともある。

しかし壺味は、そうして一人で飲んでいても、決して孤独になることがない。これはまずは、お店の人のふるまい方によるところが大きいと思う。

 

壺味はもう30年以上になる長い店で、先代のご主人はすでに亡くなり、今は先代の奥さんと、息子さんとでやっている。さらにアルバイトの女性もいるのだが、この3人が3人とも、お客さんに、あまり細かく気を遣わないのだ。

たとえば注文なども、一杯目の飲み物は別として、あとはこちらが言うまで、聞かれることはない。灰皿なども、言えば愛想よく出してくれるが、言うまでは決して出てこない。

 

料理にしても、たとえばネギ焼きを頼んだら、すぐに作り始めても30分くらいかかるし、前に注文が入っていれば、それをやってからになるから1時間待つこともある。それを「お客さんを待たせるのは悪いから、何とかもっと短くしよう」という考えは、この店にはまるでない。

 

でもそれが、いいのである。

せかせかしたところがないから、時間がゆっくり流れていき、こちらもゆったりとしてその場に居ることができる。

 

また壺味がそういう店だから、常連のお客さんも、他のお客さんにあまり気を遣わない。

もし来始めてあまり間もないお客さんが、ぽつんと一人でいたとしても、「話しかけてあげなくちゃ」とは誰も思わず、自分が話したいと思えば話しかけるし、そうでなければ話しかけない。

下手に義務感で話しかけられるより、そうして普通にしてもらった方が、こちらも気楽にそこに居られる。

 

さらに壺味は、お店が大宮通にむかって大きく開放されているから、通りを通る人が全て見える。他のお店で知り合った人が通れば、挨拶をしたり、場合によってはその人が、中へ入ってきたりする。

この立地条件も、壺味が孤独を感じさせない、大きな理由になっている。

 

こういう、のんびりとした店は、効率重視の今の世の中、なかなかないのではないだろうか。

それもこれも、先代が礎を築き、その価値観を、二代目が時代を超えて受け継いだからこそ、あり得ることなのだと思う。

 

というわけで、壺味で呑気に飲んでいるうち、待ち合わせた相手が少し遅れて到着した。

壺味

早速料理を注文。まずは「タコ山芋」。

タコが入ったトロロの山芋がやわらかく焼かれ、玉子が貼り付けられていて、ポン酢で食べる。

 

それに壺味定番メニューのネギ焼き。

壺味

山のような九条ねぎを、時間をかけてペシャンコにしたもので、二人で食べてちょうどいい。

 

食べているうち、マチコちゃんや池井くんがやってきた。

壺味

池井くんは隣に座り、あれやこれやと一緒に話した。

 

壺味の居心地のよさを、ぼくが

「ホーム感が高いよね」

と表現すると、池井くんに、

「いやここは、ぼくのホームですから」

と返された。池井くんは、10年ほど前に大宮へ越して来て、この店に来るようになったことで、大宮の魅力にハマったそうだ。

「一人暮らしの人などは、大宮に住んだらほんとにいいと思いますよ。」

池井くんは言う。そして、

「シェアハウスなどに住むより、もう少し安いところに住んで、その分を大宮で飲むのに充てたらいい」

と続ける。

 

リビングやキッチン、バス・トイレなどを共用するシェアハウスは、「安い」イメージがあったのだが、今は「一つ屋根に他人がいる」ことが、一人暮らしの人にとって付加価値となり、むしろ普通のワンルームマンションなどより高いそうだ。

京都でも、例えば大宮などなら、バス・トイレ付きのワンルームマンションは、3万円代からあるけれど、シェアハウスだと6万円くらいはするという。

「リビングやキッチンなど、自分が使わないといけないスペースに他人がいれば、その人とどうしたって、話をしないといけないでしょう?これはツライと思うんですよ。」

池井くんは言う。

なるほど確かに、飲み屋なら、行かないこともできるわけだし、行っても話をしないといけないわけではなく、話したくなければ話さないでも、全く何も問題ない。

 

「今はうまく行っているところが多いですけど、そのうち問題も起こってくると思うんですよ。」

池井くんは建築家だから、そのあたりの事情にも通じているのだろう。

すると待ち合わせた女性が、

「私もそう思うなー。だってシェアハウスって、一人で飲みに行けない人ばかりが集まるわけでしょう?」

相槌を打つ。

なるほど、一人で飲みに行けない人は、内向的であるとは言えるだろう。内向的な人ばかりがいる場所に、ぼくは確かに、あまり行きたくない気がする。

 

そんな話をしているうちに、閉店時間を過ぎてしまった。

ネギ焼きを平らげると、店を出て池井くんと別れた。

 

それからは、「京子」でカラオケ。

京子

 

料理は、鶏ムネ肉とこんにゃくのゴマ和え。

京子

 

ひろうずとインゲンの煮物。

京子

 

豚肉ときゅうり漬物のピリ辛炒め。

京子

 

それにしんじょう。

京子

 
 

京子を出たら3時過ぎだったのだが、さらに、マスターが誕生日でまだ盛り上がっていた「en」へ行く。

en

ワインを3杯飲み、店を出たのは5時だった。

 

このところ、早めに帰っていたために、久しぶりに見た明け方の大宮。

明け方の大宮

しかしこれこそ、「正しい飲み方」なのである。

 

きょうは、起きたら昼の12時。

それから梅干しとトロロ昆布のうどんを食べ・・・、

梅干しとトロロ昆布のうどん

食べ終わったら、また二度寝。

 

酒が抜けてきたのは、ようやく夕方。

それからやっと、ブログの更新を始めている。

 

「遊んでばかりじゃダメだからね。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

心温まる送別会に参加して「京都大宮に住んでつくづくよかった」と思ったのである。

誕生日には京都大宮で徹底的に飲むのである。

京都大宮「スピナーズ」はいつも会話が楽しいのである。

京都大宮を離れることはもうできなくなっているのである。

京都大宮で暮らすのは何とも幸せなことである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-07 外飲み