ぼくが好きな酒

2014/08/08

酒は、日本酒を一番よく飲む。

チェブ夫

やはり日本流の食事には、日本酒が合うのである。

 

酒はこの頃は、もっぱら「月桂冠上撰」酒パック

と決めていて、もう迷うところなく、こればかり買う。

月桂冠は京都を代表する酒で、よく古い居酒屋などがこれを出したり、花見やお祭りなどになると、月桂冠の提灯が会場に並ぶのを見たりするから、なんとなく大衆的なイメージがあるけれども、どうしてどうして、いかにも京都らしい、はんなりとした味がする。

ただしぼくが月桂冠ばかり飲むのは、「これが一番うまい」と思っているからでもない。

紙パックは値段も手頃で、スーパーでも手に入り、家で飲むには「総合的に見てこれがいい」というのが理由である。

 

京都は酒所だから、他にもうまい酒はたくさんある。その中で、佐々木酒造「古都」

は、自分で買って時々飲む。

佐々木酒造は、俳優佐々木蔵之介の生家で、今は弟さんが跡を継いでいるらしい。「古都」は、川端康成が愛した酒で、古都の文字も、川端康成の揮毫だそうだ。

緑の瓶と、茶色の瓶とがあるのだが、この緑のやつが、「いかにも佐々木蔵之介」と言いたくなる、すっきりとした、キレのある味がする。

 

日本酒は、広島にいるころ、飲むようになった。広島も酒所で、銘柄は山ほどある。

 

広島を代表する酒となれば、やはり「賀茂鶴」

ということになる。これは月桂冠や菊正宗と同様、宮内庁御用達の銘柄だ。

スッキリとして飲みやすく、味も調和が取れていて、まさに王者の貫禄だ。

ただし広島の人は、賀茂鶴はどちらかと言えば他所行きの、お客さんが来た時などに飲む酒で、普段は辛口の「千福」

か、甘めの「白牡丹」

を飲むことが多いと聞いた。これらは広島のスーパーなら、どちらも酒パックが置かれている。

 

ただしぼくは、広島時代に愛飲したのは「福美人」

である。これは超甘口なのだが、日本酒初心者だったぼくは、辛い酒はどうも飲みにくく、このくらい甘いほうが良かったのだ。

あとは名前が、女性を連想させるのもいい。酒はぼくにとっては、「相棒」というより、やはり「女性」である。

 

東京にいたころは、何かにつけて飲んでいたのは「久保田」

である。これは新潟の酒の中では比較的クセがある、男らしい味がする。

新潟も、酒所であることは言うまでもないわけで、あるとき新潟の居酒屋へ行ったら見知った酒ばかりだから、

「地酒はありませんか?」

と聞いたら、

「全部地酒です」

と言われたことがあった。

それもそのはず、久保田も八海山も越乃寒梅も、すべて新潟の地酒であった。

 

その新潟の人の何人かに、「酒はどの銘柄が好きですか」と聞いてみたことがある。そうすると、一番多かったのは、「〆張鶴」

だった。これは他県では、知名度はそれほど高くないのではないだろうか。

実際、飲んでみると、いかにも飲みやすく、それでいてしっかりとしたコクがある。

 

東北も、酒所である。秋田に友達がいて、会うときいつも持ってきてくれるのが、「刈穂」

である。

これは辛口で香ばしく、いかにも「男前」といった味がする。ぼくは刈穂を飲むたび、「人と、その人が愛飲する酒は似ている」と思うのだ。

 

福島の酒も、震災後にしばらく飲んだ。一番飲んだのは「大七生もと」

で、「いかにも福島らしい」と思った。

西田敏行に似ているのである。

派手に尖ったところがなく、まろやかで、なおかつしっかりとしたコクがある。

 

こないだ郡山へ行ったとき、飲み屋でおすすめの酒を聞いたら、一番多かったのが「栄川」

だった。すっきりとした飲み応えで、いかにも「王道」の味である。

福島にも、酒の銘柄は山ほどある。

たぶん、それらの中で、あまりクセがない、「初心者向け」のものなのだろう。

 

「お酒は色んなのがあるから面白いね。」

チェブ夫

ほんとにな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

酒は毎日おなじものを飲むのが一番うまいのである。

三段ロケットのように飲んでいるのである。

酒は飲み過ぎてなんぼなのである。

酒は意味がまったくないのがいいのである。(生節と豆腐の煮物)

酒は飲み過ぎてなんぼなのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-086 酒について