免疫諸君に頑張ってもらうためには「気合いが重要」であることが改めて証明されたのである。

2014/07/24

 
保険証が再び手に入ったら、とたんにまた、このあいだと同じ場所の歯茎が痛くなった。

チェブ夫

しかし気合を入れたら痛みはすぐ引き、免疫諸君に頑張ってもらうためには「気合いが重要」であることが、改めて証明されたのである。

 

◎スポンサーリンク


 

保険料が払えずに、6月から保険証がない生活がつづいていた。

保険証がないのだから、保険料は、べつに払えるときに払えばいいかと思っていたが、そういうわけではなかったようだ。区役所から呼び出しがかかった。

それできのうは、滞納している去年の保険料を分割で払う相談をし、保険証がふたたび交付された。

 

保険証がなくても意外に何とかなることは、先日の歯根の痛みで実証済みである。歯医者に駆け込むかわりに、体内の我が免疫諸君に気合を入れたら、たぶん歯医者へ行ってしまえば、治療に数ヶ月がかかるだろうというところ、3日で治った。

しかしもちろん、保険証は、ないよりはあった方がいいに違いない。

ありがたく受け取った。

 

ところが保険証が手に入ってみると、歯茎のこないだ痛かったのと同じ場所が、また痛み出したのだ。

菌は免疫諸君により、完全に退治されたわけではなく、まだ潜んでいたのだろう。それがまた、暴れ始めたというわけだ。

それはもちろん、そういうものだろうとは承知していた。菌はいても、大人しくしている分には構わないわけだから、飼い慣らし、何とか折り合いをつけていく覚悟である。

 

しかし菌は、なぜこの時期に、再び暴れ出したのだろう。神様は、

「保険証が手に入ったのだから、この際きちんと歯医者へ行け」

と、ぼくに告げているのだろうか。

歯医者へ行くべきかどうか、しばらくのあいだ、考えた。

 

考えた結果、ぼくが達した結論は、次の通りである。

「免疫諸君の気が緩んだにちがいない・・・」

 

これまでは、保険証がなかったから、免疫諸君も「ぼくたちが頑張らなければ」と気が張っていただろう。しかし保険証が手に入り、もういつでも歯医者へ行けるようになったのだから、「自分たちはお役御免だ」と思ってしまったのではないか。

しかしそれは、免疫諸君の勘違いであるのは、言うまでもないことだ。免疫の諸君には、ぼくが死ぬまで、頑張ってもらわないといけないだろう。

 

そこでぼくは、免疫諸君に、気合を入れ直すことにした。

リーダーに相応しい態度で、暴れる菌に、「なめるなよ!」と睨みを利かせた。

 

そうすると、ものの数時間で、痛みは引いた。免疫諸君も無事気合を入れなおし、頑張ってくれたようである。

 

ただしきのうは、酒を飲んでいたから、アルコールの作用で痛みが麻痺した可能性もあった。

でもきょうになっても痛みはないから、やはり免疫諸君に頑張ってもらうためには、「気合いが重要」であることが、改めて証明されたわけである。

 

「そのうち絶対ひどい目に遭うよ。」

チェブ夫

そうだよな。

 

◎スポンサーリンク


 

◎おっさんひとり飯

 

◎関連記事

ぼくが最強の運の持ち主であることが改めて証明されたのである。

明け方の足のつりは、寝る前に水を飲めば治るのである。

小動物が家に入ってくるのである。

土曜日は朝酒をした方がいいのである。

電気風呂を初めて体験したのである。
 

◎フェイスブックページ

 

◎ツイッター



 

◎楽天


◎ランキング、ソーシャルネット

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ広島ブログ

-085 人生についての持論